取り扱い製品 電波シールドボックス ミリ波帯電波シールドボックス ハンドインシールドボックス シールドルーム・電波暗室 マイクロ波、無線LAN用電波暗室 電波暗箱 測定用ポジショナHQシリーズ ラバー電波吸収体 ウレタン製電波吸収体 測定ソフト アンテナ/ケーブル アジマステーブル測定システムM-Linkマイクロ波・ミリ波 部品各種 リフォーム/移設、改修中古設備販売 測定器 EMIテストプローブ 関連情報 リンク先
お問い合わせは

HOME >> アンテナ/ケーブル >> アンテナパターン測定

アンテナ/ケーブル

アンテナ/放射パターン/指向性自動測定

ターンテーブルとネットワークアナライザまたはスペクトラムアナライザをリモートコントロールし、アンテナパターン、放射ノイズなど、マイクロ波領域の指向性パターンを自動測定します。

シンプル設計で操作も簡単です機能

・ターンテーブルを規定の角度まで回す

・測定器でスイープ測定を行う

・指定した周波数の信号レベルを記録する

同じ画面上のコントローラーで、スムースな連係が可能です

シンプルな基本機能に絞り込むことで、画期的な低価格を実現しました。
インストールも操作も簡単なシンプル設計により、開発、設計など様々な現場で導入しやすい指向性自動測定システムソフトウェアです。

シンプル設計なので幅広い測定システムへの応用も可能です。

デモ機あります。ターンテーブル、電波暗箱も測定にあわせてカスタムメイドできます。 是非、ご相談ください。


画面イメージ

アンテナ測定用ポジショナ

制御軸を追加できます。
アジマステーブル(標準)+垂直移動/水平移動/偏波切替/ボアサイト/サテライト回転

制御軸を追加することができます。
垂直移動/水平移動/偏波切替/ボアサイト回転/サテライト回転

アンテナ測定用ポジショナ アジマステーブル/コントロールソフト付き HQ300

ターンテーブルのコントローラを専用のハードウェアに代えて、Windowsパソコン上のソフトウェア(バーチャルインスツルメンツ)で実現しました。
ターンテーブル側はモーターとギアボックスのみのシンプルな構造で済むため、低価格で柔軟性に富みます。
COMコントロール(ActiveX)またはネットワーク(Telnet)を利用する事で、自作の測定プログラムからコントロールすることも可能です。
TSSジャパンオリジナルソフト M-Linkシステムと組み合わせた製品もご用意しています。

サンプル写真

測定物の情報とお客様の要求に応じたワーク台を設計、製作してご提供致します。

各種オプションも準備しております。
アンテナ、ロータリージョイント、電波吸収体

コントローラー

パソコンの画面上で操作してアジマステーブルを動かすほか、COMコントロールとして自作の自動測定ソフトウェアなどからご利用頂けます。

アンテナパターン測定

マイクロウェーブ・アンテナ測定用ソフトウェアー、ターンテーブル、アンテナポジショナー現在導入済みのハードウェアーにも対応可能です。



1. アンテナ指向性測定システム WL-144

70GHz測定のために、 国内最精度測定精度(0.024度)を、実現しました。

WL-0144 平面アンテナの放射測定パターンを、高速自動・高精度・高確度で測定

ミリ波40GHz,70GHzの測定を低価格で実現!!しかも、オールインワン・システムです。

システム構成図(70GHz測定系)
送信側 受信側
  高速、高精度ターンテーブルシステム
0.024度の高精度を達成(国内初)

概要

ミリ波帯の平面アンテナ(平面以外も対応可)の放射パターンを高速自動、高確度・高精度にて測定が行え、アンテナ放射パターンやサイドロープ特性、アンテナビームの軸ズレ等の各測定データをソフトウェアにて瞬時(30〜60秒以内)に測定・判別処理が行えます。

特に回転ステージの角度分解能は0.024度と従来品では成し得なかった高精度を実現しました。自動車衝突防止レーダ等の角度スペックが厳しい用途にも対応の実績を有しております。またご要望により、ソフトウェアー上で測定データの良否判定を自動で行えますので、開発部門での量産試作用途から、製造検査ラインや出荷検査ラインにおいては、製品の最終良否判定が非常に簡単で短時間に行えます。

WL0144の特徴は、回転ステージへの被測定アンテナの着脱も従来は数箇所のネジ締めを都度行う為、アンテナ1本当りの着脱にかなりな時間(数分単位)を要していましたが、弊社システムではネジの代わりにクランプでワンタッチ固定できる方法を考案しました。

着脱がワンタッチ(タクト数秒以内)で行えます。また、ネジ締め時と同じトルクでクランプポイントに加圧ができるので、実際のネジ締め固定時とほぼ同条件でアンテナの固定が可能ですので、測定データの信頼性も非常に高いです。

導入費用は、従来比1/2〜2/3程度のコストで送受信測定システムの導入が可能です。

▲ ページ上へ

2.普及版 ALL IN ONEタイプの WL151システム


測定システム WL151 アンテナパターン測定のALL IN ONE

測定用ターンテーブル、ターンテーブルコントローラ、コントロールソフト、ネットアナ用データソフト完備システム

ターンテーブル
400mmφ
対荷重40Kg
ターンテーブル下部 オプション/
手動アンテナポール
データソフト・M-LINK ターンテーブル/
オプション設定
ターンテーブル
コントローラー
詳細情報

▲ ページ上へ

3.高機能ソフトウェアー MMAwin

国内10本以上の対応実績あり、既に完成形のソフトです。マイクロ波、ミリ波までの対応経験あり

アンテナ測定/解析プログラム/MMAwin

ミリ波40GHz,70GHzの測定を低価格で実現!!しかも、オールインワン・システムです。
Microwave Antenna Measurements and Analysis program for Windows


アンテナ測定
ネットワーク・アナライザによる構成例
アンテナ測定
スペクトラム・アナライザによる構成例(オプション)

概要

マイクロ波測定解析プログラム(MMAwin)は、マイクロ波ミリ波領域でのデバイス測定及び、データ表示を支援するプログラムです。ゲイン/反射などのSパラメータをのデータをネットワークアナライザからGPIB経由で取り込んだり、ポジショナ(回転台)を制御してアンテナパターン(遠方界測定)を測定することができます。ポジショナーは、最大3軸まで対応いたします。
測定データはグラフ表示、プリンタ出力、CSV形式でファイルに記録できます。ベクトル・ネットワークアナライザをレシーバーに使用した場合は複素データを取得し、ログ/リニアー表示に加えて、位相データを表示できます。

円偏波アンテナの測定では複素データから交差偏波特性を求めることができます。ミリ波帯のネットワークアナライザにも対応しており、ネットワークアナライザの機能を生かした高速測定を可能にしています。

■アンテナ放射パターン
周波数固定でポジショナを移動し、レシーバの測定値変化を記録します。 1軸測定、2軸連携測定、3軸測定が可能です。複数の周波数を指定した場合や2軸連携測定を指定した場合は自動で指定範囲の測定を繰り返します。 (2軸測定、3軸測定はオプション)

■Sパラメータ周波数特性
ポジショナ固定位置または非制御でSパラメータを測定します。

■解析機能
複数のグラフを同時に表示し比較するとともに、グラフ形式を変えて同時に確認することもできます。各グラフには5つまでデータを重ね書きできます。

■バンド幅サーチ
xdBダウンの位置または周波数幅を自動で測定表示します。

■位置/周波数マーカー、デルタマーカー
各グラフのトレース上にマーカーを表示し、その位置のデータをリアルタイムで読み取ります。 デルタマーカーでは基準点との差を表示します。

■最大/最小/平均
データの最大、最小、平均値を計算し表示します。

■データ形式変換
取り込んだデータはリアル/イマジナリ/リニア/ログ/位相/SWRなど任意の形式で表示できます。

ダウンロード・サービスを始めました。
期間限定試用版 、ご希望のユーザ様には、実用版と同様の製品を無償でご提供しております。 E-mailでの送付が可能な方、連絡ください。その他の機種について送付いたします。

出荷本数100本以上のネットアナ、スペアナのベンチサイドソフト

▲ ページ上へ

株式会社 テイエスエス ジャパン
デモ機の送付、カタログの送付などさらに迅速な対応を致します。お問い合わせは,FAXもしくは,Eメールでお願いします。最長2日間で,回答申し上げます。
電話番号 042-851-3901 FAX 050-3488-4265/042-851-3902 〒194-0045 東京都町田市南成瀬1-8-12 中山ビル3-A 電子メール アドレス カスタマ サポート :info@tssj.jp